忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307
久し振りに食べログを覗いた。
1年か2年前のやらせ事件以来、興味がなくなり見る事をしないでいた。
なんと当店の評価が以前の3,41から3,61に跳ね上がっている。
全道の蕎麦屋のなかでも30位ぐらいの中に入る数字。
札幌の有名店、「やま賀」さんや「志の家」さんと恐れ多くも肩を並べてしまうのである。
食べログの評価の仕組みがよく分からないので理由は不明。
高得点の口コミが殺到しているわけではない。
寄せられた口コミを読み返しているとこんなのがあった。
30代男性の昨年の口コミ。評価は2,8と低い。
蕎麦は美味いけど汁が辛過ぎて水で割ってやっと食べたとのこと。
ウチのせいろの汁は確かに辛い。
だがウチの蕎麦にはこの汁の辛さが必要なのである。
手繰った蕎麦のお終いを、ちょこっと汁に出会わせて啜り込んで分かる味。
どのような食べ方をされたか分からないが、蕎麦猪口の中にどっぷり蕎麦を漬け込んでは辛いのは当たり前。
蕎麦の佃煮を作っているようなものである。
食べ方はお客様の好み。
こーしろあーしろとは言えないが、店主が心血を注いで作り上げた汁を水で薄めて食べるようなことはしないでくだされ。
スーパーで売っているどこぞのストレート麺つゆではないのである。
辛くて食べられない場合は言っていただければ手繰り方をお教えします。
それでもなお辛いと感じられるのであればかけ汁を冷やして薄め、
取り敢えず召し上がっていただいた後、お口に合った他の蕎麦屋をご紹介します。
一人前のせいろの汁は70㏄。
正しい食べ方をすると十分過ぎる量である。
だが戻ってきた蕎麦猪口を見るとほとんどが使い切っている。
それどころか並盛りのせいろで汁が足りなくなるお客様が結構いらっしゃる。
この土地で江戸前蕎麦を目指すことの困難さを知らされる。
さて先日の日曜日は、パートのYちゃんが急病で休みとなった。
仕方が無いので新人のTちゃんと、二人でできるとこまでやろうぜとスタート。
天気も良かったためか客足途絶えず。
3時過ぎには蕎麦が無くなり売り切れ仕舞い。
ちょうど四十名様を数える。
二人とも汗だくだったが、Tちゃんには良い自信に繋がったようである。
お疲れさん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]