忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
春がもう一歩のところで余計な雪が降った。
先週の金曜から風を伴った荒れ模様。
20センチ程の重く湿った積雪は、除雪機では飛ばすことが出来ない。
なんとか最低限の駐車スペースと玄関前を開けて暖簾を出す。
案の定、暇な週末になってしまったがこの天候じゃしょうがない。
しかしこの天気はやはり異常ですな。
木曜日には雨が降っているのに海は流氷で真っ白け。
この宇宙の中で地球は水の惑星と呼ばれている。
人間が好き放題にやってしまった結果は水の異変に現れるのかもしれない。
紋別は水道水が美味い町と言われている。
水源は渚滑川流域。
硬度は調べてみたが公表されていないので分からないが、
結構な軟水であることは間違いないと思う。
水の硬軟は料理の仕方にも影響を及ぼす。
軟水は素材の旨味を汁の中にじっくりと引き出す。
一方硬水は材料の味をその中に閉じ込める。
蕎麦が海外でなかなか一般的になれない理由、
それは硬水が主流の外国の水では出汁が上手く引けないからと言われている。
ラーメンのように無節操に海外進出を願ってる訳ではない。
ユネスコの文化遺産に和食が登録された。
その土地や風土でなければ味わえない食べ物が尊重されたと考えたい。
蕎麦の旨さはせいろが分かりやすい。
程良い細さに裁たれた蕎麦を手繰り上げ、
ほんの少し汁の中にちょいと付けて一気呵成に啜り込む。
その時、口の中にまず入ってくるのは水の味なのだ。
水の薄衣をまとった蕎麦が舌の上で踊り、
一口二口噛みしめると蕎麦の微かな香りが鼻に抜け、
追い掛けるように汁の豊潤な味が口中に広がる。
蕎麦の味にも汁の味にも水の占める役割は多い。
当店の水は美味い水道水にさらに浄水器を掛けている。
ぜひ蕎麦の味と共に水の味も感じていただきたいと思う。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]