忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3日前までのご予約でやらせていただいている、夜限定のコース料理です。
先ずはお通しの九点盛りが白の大きな角皿に盛られて登場する。
以前は三点盛りだったのですが、あれもこれも食べていただきたいとやっているうちに、
だんだん品数が増え今の形に。
3月28日にご常連の滝上Sさんとお友達のご夫婦にお出ししたもの。
太白胡麻油を隠し味にしたおくらの白和え。
人参の千切りナムル。
切り干し大根、ひじき、人参の胡麻酢和えにさやいんげんの千切りを乗せたもの。
茗荷の甘酢漬け。
毛蟹のゼリー寄せ。
ホタテの塩麹漬。
牛蒡を赤ワインとバルサミコ酢で煮含めたものにアクセントはシナモンの香り。
ローズマリーを効かせた自家製鶏ハム。
牛蒡を芯にし牛肉を巻いて甘辛く炊いた八幡巻。
以上の9品を絵を描くように白い皿に盛り付ける。
一つ一つの量は少なめに抑え、いろいろなものを食べたいという女性のお客様の要望にお応えした。
『わぁー綺麗!』と言っていただければ大成功。
次に出るのは碗物。
ふわふわの蕎麦掻きを軽く揚げたものに鶏肉入りの出汁をかけた、揚げ蕎麦掻きの雑煮風。
メインは鴨のしゃぶしゃぶ。
ハンガリー産のマグレカナールという合鴨肉は、フォァグラを採るために飼育された鴨。
肉質は非常に柔らかく脂身も美味い。
蕎麦屋秘伝の出汁を張った鍋に、水菜、えのき茸などの野菜と一緒に泳がせ、
ポン酢で召し上がっていただく。
鍋の後の蕎麦はせいろ。
最後の締めの甘味物はその時々で少々変わる。
今回は甘さ控えめの苺のフローズンケーキだった。
以上の内容でお一人様3000円なり。
2名から4名位の人数で承っている。
なお当日は貸し切りとなるので、ゆったりとお食事を楽しんでいただける。
これからの季節、5時頃の開始時間がお勧め。
天気の良い日は刻一刻変わっていく、息を呑む様な夕焼けを楽しめるから。
どうぞご予約のお電話、お待ちしています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
遅れちまいましたが
4日は開店記念日でございました
 おめでとうございました

5年目? 6年目??に突入

なんにしても、あんまし老体に鞭打たないで
蕎麦道まい進してください


だて 2014/04/06(Sun)00:19:11 編集
6年めに突入
祝いのお言葉、誠にありがとうございます。
振り返れば、ずいぶん遠くまで来ちまったなと思う。
朝、蕎麦を打ち終わつて延し板を掃除していると、手前んとこがすっかり木目が浮き上がり凸凹しているのを発見。
『だて様にカンナかけて欲しい6年目』
字余り。
にの字 2014/04/06(Sun)02:27:03 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]