忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299
今日は彼岸の入り。
朝から細かい湿った雪が間断なく降り続いている。
明日の朝、少しでも楽をしようと思って6時ごろから除雪作業。
20センチ近くの積雪である。
この間までの陽気で、すっかり地面が見えていたところに積もった雪は、
除雪機にとって難敵である。
砂利を巻き込まぬように、雪を集めて飛ばすオーガという装置の高さを、
常に調整しながらの仕事は倍疲れる。
この時期は一気に春に進むように思えた天気も、
一度必ず後戻りをするもの。
どうか最後の嵐となるように願いながらエンジンを切った。
昨日少し心が温まるニュースを見た。
拉致事件の横田さんご夫妻。
今までテレビに出られた時は、このような笑顔を見せることはなかった。
お孫さんやひ孫とモンゴルで一時であろうとも幸福な時間を過ごせたそう。
ご夫妻の高齢に配慮しての交渉の成果だと一部では報道されているようだが、
もしそうだとしたら『めぐみ』さんの救出に、いささかの影を落とすのではなかろうかと気になって仕方がない。
もう少し暖かくなると店前の市道は散歩を楽しむ人達が行き交う。
中でも微笑ましいのは、孫とじいちゃんばあちゃんのカップル。
時々立ち止まりながら、道端の小花などを指差し話す様子は平和そのものである。
そんな人として当たり前の幸せな時間を、横田さんたちは奪われてしまった。
孫やひ孫の一挙手一投足に『めぐみ』さんの姿を重ね合わせて見ただろう二人の気持ちを思うと、
何とも切なくてやるせない。
小泉訪朝の際、幹事長として同行した現首相は、
目の前で繰り広がれた歴史的な映像をよもや忘れてはいないだろう。
背筋を伸ばし曖昧な笑みを消し去った眼差は、
握手を求める腹の出た領主を圧倒していた。
アベノミクスだか何だか知らないが、
強い日本を取り戻したいと言っているようである。
ならば人として最低の『拉致』という行為を平気でやるあの国に対し、
何故もっと毅然とした対応を国家として出来ないのか。
横田さんご夫妻の心の底からの笑顔が見たいと思う。
時間は無い。

   
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]