忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256
『四月の雨は、五月の花を咲かす』なんていう英語のことわざが頭に浮かぶ。
四月の雪や冷たい雨を我慢したのに、五月もそのまんま。
まったくもってどーしたんだ!この天気。
毎朝3時半か4時には外に出る。
いつもの年であれば、うるさいぐらいの小鳥のさえずりが聞こえてくるが、
今年はカラスの鳴き声だけ。静かなもんである。
昨日夕方、店前の浄水場の草地に4頭もの鹿がいた。
この山ん中でも、団体で見かけることは珍しく、餌が不足しているのかもしれない。
何十年ぶりかの悪天候の中のゴールデンウィーク。
まずまずのお客様の入りだったが、地方の方が極端に少なかった。
あちこちの峠で積雪状態であればそれも仕方がない。
温かい蕎麦の注文の比率が徐々に減ってくるのもこの季節。
だが、7割は温蕎麦。
そんな中、4月の末からお出ししている『冷しかしわ』が大苦戦である。
夏季限定のこの品書き。
待ってました、とばかりの売れ行きになるのが例年の常。
本日現在、忘れた様にしか注文が入らない。
鹿児島産の鶏胸肉を、固くならないように蕎麦のかけ汁でやわやわと煮込む。
その煮込み汁の油分などを丁寧に濾し、味醂、せいろの汁を加えて冷やかけ汁とする。
鶏胸を5枚載せて、水菜、晒し葱、椎茸の甘煮などにおろし生姜を一つまみ添えると完成。
さっぱりと召し上がっていただける一品となっている。
もうしばらくはこの低温状態が続くそう。
やけのやんぱち、やせ我慢の『冷しかしわ!』。
ご注文の声をお待ちしています。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
春は何処へ?
桜は咲いたけど連日の曇り空。昨日は濃霧注意報が出るほどの霧が海から入ってきて、肌寒い日でした。紋別よりは気温が高いけれど春らしい天候にはなりません。
鹿やヒグマも、食べる物が山に無いのでしょうね。
冷たいお蕎麦を食べたい!と思う天候になってほしいです。
西日本では夏日や真夏日とか…うまくいかないものですね。
しじみのカアサン 2013/05/15(Wed)08:57:07 編集
五稜郭の
桜の開花のニュースを見ても、
伝わってくるのは、花冷えの空気。
6月初旬の孫たちの運動会が心配です。
さんさんと降り注ぐお日様のもとで、
楽しませてやりたいなぁ~。
にの字 2013/05/16(Thu)02:42:22 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]