忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363
昨年50数年振りの再会をした幼馴染のE君。
せっかく会いに来てくれたのに営業日だったのであたふたと別れてしまった。
そんな後悔の念を埋めてくれるかのように、
はるばる京都からまた訪ねてきてくれた。
今回はちょうど定休日の火曜。
掃除やら汁の仕込みやらを月曜日に全部終わらせ、
二人だけのクラス会を昼から開催した。
自分が紋別へ中学2年で転校するまでの間、
旭川は神居小中学校でほとんどクラスは一緒。
いつもお互いの家を行ったり来たりする仲良しだった。
だが少々ボケかけた頭は思い出話に少しつまずく。
ふと彼を見ると子供の頃と同じ仕草で髪を撫でつけている。
指の反り返り加減、手のひらを頭に当てる角度、あの頃と同じ。
そう思った瞬間、記憶の糸がほぐれ出した。
楽しかった神居での暮らしが次から次へと蘇る。
本当は翌日も休みにして思い切り飲みたかったが、
そうもいかず、心を残しながら9時に別れた。
有難う!修ちゃん!またいつか会おう。
昔話といえば20年以上も前の紋別港祭り。
ヤンキーの兄ちゃんたちの乗ったシャコタンの車が、
爆音を轟かせながら会場近くの国道を行ったり来たりしていた。
交差点の信号が赤になると当たり前だがきちんと止まる。
祭り見物の大勢の人たちの視線が一斉に集中すると、
それまでの威勢の良さはどこへやら、
赤の間、恥ずかしそうに下を向いている。
地方のヤンキーはとてもシャイだったのです。
先日砂川で悲惨な交通事故があった。
時速100キロ以上で赤信号の交差点に突っ込むなどは人間の所業では無い。
紋別でも自分が見た時は黄色だったと言わんがばかりに、
赤の交差点を速度を上げて通り抜けようとする車が結構多い。
だから最近は青信号に変わっても、
そんな馬鹿者どもがいないかどうか確かめてからアクセルを踏む。
視力の衰えと共に運転することが昔のように楽しくなくなってきた。
これではいかんなと思い、メガネ屋さんで目の検査をしてもらう。
遠視が2度ほど進んでおり、今のメガネでは辛いでしょうとのこと。
しょうがないので新調することにした。
これでまた遠道を走ることが楽しくなれば安い出費である。














PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]