忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364
ご常連のHさん御夫婦。
いつも時分どきの混雑が落ち着いた時に来店される。
その時間には大概手の空いている店主と世間話をするのが常だった。
去年の雪が積もり始めた頃、奥さんが体調不良で入院したとの知らせ。
病名は肺ガン。
手術は行わずに抗ガン剤での治療を受けていた。
春先に市内のスーパーでご主人に会い様子を伺うと、
食欲もありだいぶ元気になったとのこと。
それじゃあもっと元気になってもらおうと病室に蕎麦を出前する。
喜んできれいに食べたとの話を聞き回復を祈っていた。
4月の末のこと。
すっかり痩せてご主人につかまらなければ歩けない状態で来店される。
びっくりしてどうしたのと尋ねると退院したという。
それでも注文の辛味大根おろし蕎麦をゆっくりゆっくり残さずに食べられた。
お帰りの際、体力つけて元気になってねと声をかけると、
何も言わずにうつむいたまま出て行かれた。
その後間もなくして余命1月の連絡をいただく。
そして6月18日、半年間のガンとの闘いを終えられた。
あの時の淋しそうな横顔が思いだされなんとも切ない。
ご冥福を祈る。
さて、先日の日曜日は札幌のWさんという方から予約が入っていた。
2時ごろ10名で行きたいと2週間ほど前電話があった。
日曜日の2時といえば混雑が続いている時間帯だ。
有難いがどう対処したらいいか少し迷っていると、
ここの蕎麦を食べるためだけに紋別に行くんですとおっしゃる。
そこまで言われたら何とかしないわけにはいかない。
2時から貸切にして予約を受け付けたのだ。
天気が良かったせいか開店直後から混み合う。
1時ごろには30名様を越えていた。
そろそろ貸切の張り紙を出し準備しなければと思っていると、
何やら外が賑やかである。
見てみると数名の若者がキャッチボールをしている。
札幌を10時に出ると言っていたのでまさかこんなに早くと思ったが、
やはりWさん御一行。
車がいっぱいだったので時間つぶしをしていたらしい。
やがて全部の席が空いたので入店していただく。
1名増えて11名様。
天ぷらなどの種物の注文が入ると大変だなと考えていると、
なんと辛味大根せいろを11人前。
蕎麦の残りは15,6人前はある。
大きな笊を三つ使い全部茹でてお出しした。
皆さん20台前半の若者である。
足りるかどうか心配だったがどうやら大丈夫だった様。
美味しかった!の声を残し、風のように札幌に戻って行った。
総数46名様のご来店。
ボロボロに疲れる。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れ様でしたっ

札幌から蕎麦喰うだけに、紋別日帰り
 うらやましい限りの元気ですこと

   また 行きます

だて 2015/06/22(Mon)22:57:33 編集
500キロ
老眼を労わりながらの運転、
ご苦労さんでした。
相変わらずの愛想無しで申し訳ない。
札幌の若者御一行様とは、ピチピチの美女に囲まれて来店記念写真を撮らされました。
だらしのない顔をしたのがあちこちにアップされないようにと祈ってください。
またのご来紋をお待ちしておりやす。
にの字 2015/06/23(Tue)01:42:11 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]