忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366
先週の木曜日。
昼時の混雑も過ぎ、ほっと一息ついた1時半ごろ電話が鳴った。
そこへ行きたいんだがさっぱり道が分からんと言う。
声の様子からして大分年配の方だと思われたので、
電話を繋ぎっぱなしにしてナビする。
やがて三名様ご来店。
先頭で入って来たのは電話の主の体格の良いご老人。
「駄目だ、駄目だ、道案内の看板でも立てないと!」
分かり憎くて申し訳ないと謝りながら座っていただく。
蕎麦を食べている間、「マスター、マスター!」と何度も呼ばれる。
紋別の他の飲食店の情報やら何やら聞かれた後に、
道案内には旗を要所要所に立てなさいと。
それも今立てている幌加内蕎麦の旗ではなく、
「にの字」の旗でなければ駄目だと言う。
御意見ごもっともだが特注の旗を作るとなると、ん10万円かかるので出来なかった懸案事項。
いささかムッとして「迷う楽しみや探し当てた喜びもあるんじゃないですかね」と、
逆切れ状態で反論してしまった。
「商売はそんな考え方ではいかん。誰にでも分かりやすく目立つ様にしなさい」
偉そうな爺さんだと思いながら、はいはい分かりましたよ答えておく。
お帰りの会計の時領収書と言われた。
お名前を聞くと道内ガソリン安売り大手のM石油の会長。
各地にスタンドを展開し、車検やその他の事業にも進出している会社である。
いちいち注文つけるのも成る程かなと納得する。
せいろ二枚と辛味大根せいろ一枚で計2200円のところ、
ワシが80でもう二人が70としっかり敬老割引を申告、
300円引きの1900円を払って出て行かれた。
いろいろとありがとうございました。
またのお越しを。
5日の日曜日は天気もまあまあで37名様のご来店。
2時半で売り切れ仕舞いとなった。
一番の混雑時に道案内を乞う電話がある。
店主は蕎麦を茹でている最中だったのでパートのUちゃんにナビを任してみる。
話の様子から迷っているのはすぐ近くの市営住宅付近。
ところがこれを案内することが出来ないんですな。
一時、地図の読めない女子だかなんだかが話題になったことがあるが、
自分の頭の中にマップを描くことが出来ないのである。
閉店後、お客さんが迷う場所を数箇所示し、
店まで辿り着くまでの周りの目印など頭に入れるように命令する。
分かりましたと言ってはいたが、
何でそんなことが出来ないのと、カッカとすることがこれからもありそうである。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]