忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397
当店で働くパートさん達も年末調整をやらなければならない。
所得の額からして税額が発生する人はいないが、
給与支払報告書などを1月末までに市役所や税務署に提出する。
これが何とも面倒なのである。
やり方が分からないとかいうのではない。
8年前までは毎日こんな事務仕事ばかりしていた。
なのにである。
老眼が進み、数字や文字が見えにくくなっている所為もある。
だが原因はそれだけではないと思える。
たかだか蕎麦とはいえ、「モノ」を創り出す仕事の脳と、
「モノ」を創り出す仕事に付随する事柄を片付ける脳は別物かもしれない。
ただでさえ脳は年齢と共に萎縮するらしい。
自分の脳はそんなことで極端なアンバランスを生じているのだと思う。
なんて言い訳を考えながら、
2月最初の定休日にようやく書類を広げまとめにかかる。
やれば30分もかからずに出来上がる。
水曜日の仕事の合間に市役所に持って行く。
同じ年末調整関係の書類なのに、総括表だかなんだかは税務署に持っていけという。
書類の提出先を見れば「市長」と「税務署長」と別れていることは確か。
だが市民にしてみれば同じ行政の窓口。
郵送やネットでの送信であれば別であるが、
わざわざ足を運んだ書類ぐらいは一カ所で受付なさいよ。
受付の臨職のおねえちゃんに文句を言っても仕方がないので、
素直にペラペラの一枚の書類を持って税務署に。
間もなく所得税の確定申告の時期である。
例年の通り赤字の決算が確定的なのに、
「待ってろよ!税務署!」と、
職員の皆さんを一瞥しながらあとにする。
法律的な様々な書類の作成や申告は、
個人や法人が自ら出来ることが原則である。
でも往々にして個人経営の場合は税理士に任せっぱなしというところが多い。
自分でやれば自ずと見えてくるところもあるし、
行政側とのやり取りで成長できる部分もあるのである。
先ずは面倒臭がらずに数字と睨めっこすることが大事だろう。
ところで、最近のテレビやラジオのCM。
昔のいわゆるサラ金の返済に伴う過払金の請求をやってあげますよという、
弁護士や司法書士のコマーシャル。
随分と増えたと思いませんか?
それだけ利用していた人たちが多いということだろうが、
「Aさんは100万取り戻しました!Bさんは50万でした!」
なんて戻ってくる金額をうたうコマーシャルなどを聞くと、
なんだかな〜と思うのは自分だけだろうか。
確かに元金をはるかに超えても延々と払い続ける状態は地獄だろう。
でも借りる時には利息がいくらぐらいの確認はやっているはず。
銀行の35年の住宅ローンにしても似たようなものである。
利息こそ低いものの、35年間に払わなければならない金額は凄い。
借金とはそういうものなのである。
夕べのテレビのニュース。
昨年度の日本経済の実質賃金の伸びはマイナスだったそう。
やはり「アベノミクス」で潤っているのはごく一部分である証拠。
こんな状態が続くと借入をしなければやっていけない中小の企業がどんどん増える。
残酷な殺人事件は毎日のように起きるし、
北朝鮮はミサイルをぶっ放すし、
本当に嫌な世の中になってきましたな。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]