忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の港祭りは、台風並みの低気圧の通過とぶつかってしまった。
前夜祭の金曜日だけまずまずの天気。
本番の土曜日曜は風を伴った大雨に見舞われ花火大会も中止になる。
祭りの人出を当て込んで用意した業者は大変だったろう。
さて、先日の中国の食品工場の問題をきっかけに、日本の「食」についてのいろいろな事柄が取り上げられている。
たとえば食料自給率。
先進国の中でも30数パーセントはダントツに低い数字。
自動車などの大手製造業を重視し、
農業を選挙の票田としてしか見てこなかった故の無策がもたらした結果である。
地球温暖化による異常気象で食糧の不足が起きると、真っ先に悲鳴を上げるのがこの国。
蕎麦も中国などからの輸入に頼っているのをご存知だろうか。
乾麺やその他の加工品を含めたものだが、何と8割が外国産なのだ。
ということは、蕎麦屋のほとんどが外国産の蕎麦粉を使っているということ。
中国産は残留農薬の不安がつきまとう。
ローソンの社長がテレビの取材に答えて言っていた。
「これからは消費者の皆さんに、良いもの、安心なものはそれなりの値段がするという意識を持って欲しい」と。
その通りである。
農業を衰退させてしまった一番の原因は、安さだけを求めてきた消費者の側にあるのかもしれない。
当店の蕎麦粉は全量幌加内産である。
値段は中国産のほぼ倍。
儲からないのは当たり前なんだが、いつまで頑張れるかなあ〜。
昨日は土曜丑の日。
いつも行くスーパーの弁当売り場には中国産の鰻の鰻重がずらりと並んでいた。
夕方にもかかわらず、あれだけの売れ残りがあるということは少なからず影響があるのだろう。
店頭に張り出すようなことはしないが、近いうちに使っている食材の原産国のリストを作成し、
お客さんが手にとって見ることができるようにしたいと思う。
真っ当な商売をしている店が、きちんと評価されるような世の中に早くなりますように。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私事連絡
おねえ&うめ様、「澤の露」ありがとうございました。
昨日、チビ2名が汗だくの自転車で届けてくれました。
あんな美味しい飴玉があるんですな〜❗
にの字 2014/08/02(Sat)23:01:44 編集
やっと今拝見しました!
連絡受けるのが遅くなり(笑)申し訳ございません!
澤の露さんは小樽の老舗、間口半間の小さな小さなお店で、お砂糖のみで飴を作ってまして、しかも丸い飴、一点勝負です。
喉が弱いのでたまに欲して求めに寄るのです。
喜んで頂けて嬉しいです。
糖分補給に是非にと思いました。
うめ&おねぇ 2014/08/14(Thu)22:06:30 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]