忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314
ご近所の芸術家、池澤さん。
とんでもなく素晴らしいことを飄々とやられる。
ローマの有名な大聖堂に僕の作った十字架が架けられたんだよねと、
ミニチュアのそれを持ってきて下さったり、
私財を投げ打って今にも潰れそうだった上藻別の駅亭を復元し、
道の重要文化財に指定されるまで尽力したり、
同じ聖公会の教会に教藉を置く大先輩として尊敬すべき人である。
映画「マルサの女」の作曲で知られるサックス奏者本多俊之さんや、
女優の宮本信子さんとも親戚で、
本田さんを連れてヒョイと蕎麦を食べに来たりとなかなか油断ができない。
1週間ほど前、「いいプレゼント持ってきたよ〜」と自分で製本された一冊の小冊子を持って来られた。
混んでいた時間だったので後で開いてみると、幌加内蕎麦を特集したANAの機内誌。
「ほろかないそば」と何とも味のある筆字で書かれた自家製の表紙をつけてくださったもの。
多分用事で乗られた飛行機の中で目にしたものを、「にの字」のために持ち帰られたのだろう。
嬉しかったですね!
世界的にも認められてる才能の持ち主が、こんな小さな店のために気を遣ってくださった。
店の宝物として大事にしようと思う。
冊子の中に見覚えのあるお顔を発見した。
当店の蕎麦粉の仕入先、「そば工房さかもと」の坂本さんが幌加内蕎麦の代表として登場しているではないか。
大規模栽培による大量生産に流されずに、量的には限定されるが良いものにこだわる希少な蕎麦生産者。
全麺協の蕎麦打ち資格の最高位五段を持ち、幌加内高校の蕎麦打ち授業の講師も務められている様子が記事で伝えられていた。
池澤さんも坂本さんも自分よりは少々年上。
だが二人のパワーには見習はなくてはならないところが一杯ある。
共通しているのは偉ぶらないこと。
これは出来そうでなかなか出来ることではない。
世間の評価と共に、自分に厳しく接し続けることで身につくもの。
「こだわり」とか「プライド」とかは、他人に対して振りかざすものではなく、
己れを律するためのものだよ、そんなことを教えてくれるお二人です。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も
翼の王国が大好きで、月またぎの旅は二冊あたるので良いですね。何年も読み返します。サロマニアンもそれで知りました。
うめ&おねぇ 2014/08/14(Thu)22:13:57 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]