忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313
原作は直木賞受賞桜庭一樹の同名小説。
監督は帯広出身の熊切和嘉。
函館が舞台の前作「海炭市叙景」で評判を呼び気になっていた監督である。
邦画はあまり見ない。
読んだ小説の映画化もほとんど見ない。
自分の頭の中で作り上げた映像と虚しい違和感を感じさせられるから。
だが今回は熊切監督と、音楽のジムオルークの名前に惹かれ見に行きました。
映画は流氷の軋む音から始まる。
流氷原を映す粗いざらついた映像も良く、一気に引き込まれた。
「近親相姦」という重いテーマの映画。
どうしようも無い関係に、どうしようも無いどんよりとした紋別の風景が良く似合う。
そんな二人の閉塞感を表現するものとして、原作者は数か月の間流氷に閉ざされるこの地を選んだのだと思う。
淳吾と花が暮らす大山町の福祉住宅も、息の詰まるような狭さと貧しさがピッタリの選択。
バスから降りて坂道を登る淳吾を出迎える花。
ジムオルークの音楽が切なく絡む。
ガリンコ号もステアもギザもオホーツクタワーも出て来ないが、
紋別という街を何とも魅力的に映し出している。
だが、重たいテーマのせいなのか、R15という規制のせいなのか、
市民的な盛り上がりや、上映会を紋別でといった話は全く無い。
良い映画なのに残念ですな。
ところですぐそばでクマが出たようです。
店から300メーターほど離れたバイパスを跨ぐ跨線橋の草叢。
鹿もキツネも出るので、そろそろクマかなと思っていた。
生ゴミなどの処理に気をつけるとともに、なんとか山に戻って欲しい。
今朝はW杯のコロンビア戦を見ようと思い、1時半から起きて蕎麦を打った。
決定的な体力不足による負け。
まともなゲームは前半だけである。
守備を固める相手に、いくらサイドから放り込んでも跳ね返されるだけ。
裏へ走り込む体力、あるいは自分で突破する体力、いづれも欠けていた。
そんなチームが守りを捨てる選択をし、虚しい攻撃に出た結果の敗戦。
4年後は本田も香川もまだ十分に戦える年齢である。
もう少しの辛抱かな。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]