忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320
昨年の9月に続き、北海道電力が再びの値上げを申請した。
泊原発の再稼働が出来ないことが原因だと。
電気などの公共料金の会計は、総括原価方式というやり方を使うらしい。
製造するに当たって、これだけいろんな費用が掛かるので原価はこうなるという、
本来は極めて真っ当な会計のやり方だと思う。
そもそもが公の事業なんだから、常識外の利益を追求するなんてことは無いはず、
という公益事業性善説みたいなものから生まれた方式なんだろう。
だが、北電にはそのような意識が感じられない。
再値上げの記者会見の際、役員報酬についての質問が飛んだ。
「ヘンな数字ではない」胸を張って社長が言った。
何と比べて「ヘン」でないと思う、そこんところが一番の問題である。
やるべきは先づ徹底的なコスト削減。
社長の給料も、一部上場企業のそれと比べたら「ヘン」ではないかも知れぬ。
だがそれでは地方不況からの脱出を図ろうと喘いでいる殆どの中小の事業の実態と、
あまりにもかけ離れている感覚ではないか。
そんな北電に見切りを付けたいのだが、他に電力の選択肢は無い。
我家は高気密高断熱のオール電化住宅。
時代の最先端を行く建築工法は憧れの的だった。
灯油と比べ電気の価格は安定していて、何よりクリーンで火事の心配がないと。
原発が停止すると値段が跳ね上がるところまで読みきれなかった。
こんな地震大国にこんなに多くの原発が造られるのを何故許してしまったのだろう。
看過してしまった自分たちの責任は大きい。
さて、昨年からお付き合いをしている、無肥料無農薬農業の「百笑たきのうえ」さんから、
新物のミニトマトが届き食べてみた。
最近出回っている妙に甘いだけのものとは違う、自然な甘さ旨さがあるトマト。
太陽と水と土だけでこんなに美味しいものができることを気付かさせてくれる。
人間が浅知恵を働かせ様々なものを造り上げても、
やがてそんなものは大自然という悠久の大河の流れに呑み込まれてしまう。
電気料値上げの対策を考えながら、トマトを頂いてたらそんなことを思ってしまった。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]