忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ぐるなび』というインターネットのサイトから、
貴店の紹介をしたいので、ぜひ登録をと電話があった。
こんな電話は結構掛かってくる。
大抵は有料で、10万単位の広告料と称するお金が入用である。
またそんなんと同じかなと思って話を聞いてると、
なんと無料と言う。
世の中捨てたもんじゃない。
『よしよし!』と登録用紙を送ってもらった。
店舗名、住所、電話番号と書き進めているうちに、
最寄の駅から何分という箇所でペンが止まった。
駅が無い。
バスターミナルはあるが駅が醸し出す雰囲気は無い。
駅は日常から非日常への入り口。
バスは所詮バス、行き先がどんなに遠くても感覚的には日常の範囲である。
鉄道マニアではないけれど、
レールの上を走る乗り物は、乗り込んだ途端に異次元の世界に入り込む。
車窓に流れる風景を見ていると、
毎日の悩み事や困り事を一時忘れることが出来る。
人生の逃避所口、そんな駅がこの街には無い。
だからかもしれないなぁ~、
情緒、風情、趣、どの言葉も我が街にあまり似合わない。
飲食店も非日常の空間である。
しばしの心の逃げ場所。
そんな駅みたいな蕎麦屋もえぇのぉ~。
『最寄の駅は無し』と記入しながら思ってしまいました。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
何度も乗りました
駅と聞くだけで様々な事を思い出します。
今も遠い函館~紋別ですが、昔は遠軽まで乗り換え無しで行く特急「おおとり」が走っていて、遠軽からは名寄行きの普通列車に乗り換えて行きました。懐かしいです。

今も駅に行くと、そのまま列車に乗り込みたい!と思ってしまいます。
たまには、のんびり一人旅がしてみたい…と思うこの頃です。
しじみのカアサン 2012/02/25(Sat)11:22:44 編集
立ち食い蕎麦
旭川から紋別へ引っ越す時だったと思う。
遠軽駅の立ち食い蕎麦がすごく美味かった記憶があり、去年の秋、食べに寄りました。
店主は80近いおばあちゃん。
聞けば50年以上ここで商売をしているとのこと。
ていうことは、あのときのオバチャンである。
何を注文したか忘れたんで『月見』を。
当然蕎麦は茹で置き。
見ているとそれを湯通しもせず、そのまま丼に入れ汁を注ぐ。
その上に玉子を乗っけるもんだから、
100パーセント生玉子。
鼻水みたいな『月見』を食べながら、いろんな事を思い出しました
『潮見町駅』に気動車が停まるたび、
旭川に帰りたいと泣いた妹。
そんな時代の貧しい食卓を一瞬に豪華にしてくれた『石川』さんから貰った『牡丹海老』。
つい昨日のことのように思い出されるのは、
歳を取った証拠なんでしょうな。
にの字 2012/02/26(Sun)18:29:03 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]