忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96
ずーっと心の中で気にかけていたことが、先週続けざまに相手の方からの訪問をいただき、
その後のお話を聞いたり、お顔を見たりして、少しほっとした気分になっています。
一人は、自分が柄にもなく教会の日曜学校の先生をやっていた時です。
さっちゃんというくりくりした目が不二家のペコちゃんそっくりな生徒がいました。
小学校の1年生か2年生だったと思います。
5月のある日、滝上に日曜学校のバス遠足に行きました。
小雨の降る肌寒い天気でした。
雨に濡れない様に、お弁当もSL公園の屋根の掛かったところで食べて早々に引き上げてきたのですが、
次の日からその子は風邪を引き、高熱が続いたため意識不明の重体になり旭川の病院に搬送されました。
なんとか一命は取り留めたものの、脳に損傷を受け全身に麻痺が残る状態になってしまいました。
責任を感じ何度かお見舞いに行ったのですが、何とも辛く、だんだん足が遠のいてしまいました。
それから20数年。
さっちゃんのお母さんが、先週にの字に来てくれたのです。
様子を伺うと3年前に亡くなったとのこと。
ため息と一緒に後悔の思いがどっとあふれ出てきました。
もっともっと、何回も何回も、会ってあげなければなりませんでした。
お墓のおおまかな場所を聞き、昨日お参りに行ってきました。
分るかなと思ったのですが、墓苑の一番上から見渡したとたん、
ひとつのお墓が目に飛び込んできました。
迷うことなく遅すぎる再会をすることができました。
もう一人は深川で牧師をされているK先生です。
まるで牧師を絵に描いたような先生で、
純粋で素朴で朴訥で、誰でもが会った瞬間に大好きになる先生です。
いろいろとお世話になったのに、20年近く葉書ひとつ出さないままでいました。
ところが先週の定休日の月曜日、突然訪ねてきてくれたんです。
『蕎麦食べにきたよ~』と。
少し待ってもらって蕎麦を打とうと思ったのですが、
持病の糖尿病のため、時間時間で食事を摂らなければならないとのことで、
僅かな時間お話をしただけで帰られてしまいました。
せっかく来ていただいたのに申し訳なくて、
昨日の朝、K先生だけのために蕎麦を打ち宅急便で送りました。
どうぞお体大切に!今度はゆっくり昔話でもしましょう。
自分の命の残り数が数えられるようになった時に、
気がかりだったことがそうでなくなることは本当に幸いなことですなぁ~。
感謝!感謝!!





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんか
切ないです。
こんな切ない思いをして、人は生かされ、そして年をとってゆくのですね。
さっちゃんに・・・・・言葉が出ません。
すいません。
kawa 2010/04/13(Tue)23:16:43 編集
kawa様、ゆうべはどーもでした。
kawa様とバカみたいな話をして笑っている時が一番いいなぁ~。これからもよろしくね。
にの字 2010/04/14(Wed)20:34:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]