忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の木曜日からお出ししている鶏ごぼう蕎麦。
土曜日までの三日間、ぼちぼちの注文だった。
多分日曜日に爆発するような予感がして多めの仕込みをした。
予想的中の大当たり。
42名様のご来店、そのうち8食が鶏ごぼう。
帰ってきた丼を確認すると、ごぼうも鶏のつくねも残ってはいない。
他の汁物の蕎麦に比べるとつゆの残り具合も少ない。
このまま冬の間の花形看板になってくれたら良いと思う。
何より天ぷら系の注文が減り負担が少なくなるのが嬉しい。
さて、この間ラジオを聴いていると映画と共にヒットした「ありのままに」が流れてきた。
叫んでいる様なひどい歌声。
お笑い芸人がモノマネかなんかでふざけて歌っているのかと思ったら違っていた。
あの「松たか子」が歌っていた。
歌はありのままの地声で叫べば良いものではないだろう。
もう一つ最近のラジオから流れてくるものでちょいと気になる歌。
網走出身の「はしりなんとか」が尾崎豊の「アイラブユー」を歌っている。
下積みが長かったそうで完璧にコピーし上手に歌う。
別に「尾崎」のフアンではないが、この曲は「尾崎」だけの唄。
「北の国から」の中で使われていた。
聞く度にドラマの名場面が脳裏に浮かんでくるのである。
他の歌手の歌声ではダメなんですな。
「テネシーワルツ」も画面が浮かび上がる。
昔「江利ちえみ」が歌って大ヒットした。
「高倉健」の映画「鉄道員 ぽっぽや」のテーマ曲。
雪の降りしきる駅のホームに口を真一文字に結んだ駅長「高倉健」が立っている。
もうその絵面を見ただけで涙が滲んでくるのだが、
バックに「テネシーワルツ」が流れる。
これには参りました。
そのうちお別れの会みたいなものが催されると思うが、
会場でこの曲が流されればいいなんて密かに思う。
自分が死んだら葬式なんかやるなと伝えてある。
使える臓器は全部臓器移植に回してもらい残った体は献体する。
儀式不要と言っても何人かは集まってくれるだろうから、
写真と花でも飾って通夜みたいなもんはやらなくちゃしょうがない。
音でも無ければ場が持てないのなら流して欲しい曲がある。
「ちあきなおみ」が唄う「あかとんぼ」。
一人で飲む時に「YouTube」で時々聞いている。
こんなしみじみとしたいい歌がなぜヒットしなかったか不思議に思っていた。
この年になって理由が分かった。
いろいろな人生の場面を積み重ねて来たものでなければ、
心に響かない唄なのである。
ジャンルを問わず大人が聞くことができる唄が本当に少なくなった。
歌は人生の名場面に寄り添って初めて「唄」になるのだと思う。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
赤とんぼは大人の唄
子供の頃、「ちあきなおみ」は怖い歌を唄う人の印象が何故かずっとあった。見た目が子供にしたら妖しげで怖かったのかも知れない。でもこの歳になると彼女の歌は心の中の何かを揺さぶる時がある。自分もやっと大人になって来たのかと.....
酒も肴も空にしに行きますから
「しんみりしないで憲さん」
kawa 2014/12/10(Wed)01:14:19 編集
高倉健が
彼女のフアンだったそうで、
「しんみりしないでケンさん」
は健さんのことだそうです。
宅飲み忘年会やりましょうね!
いつも寝落ちしてゴメンね。
にの字 2014/12/10(Wed)02:24:30 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]