忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249
雪融けを一気に進める南寄りの風。
北海道民が待ち望む春を告げる知らせである。
そんな風が吹く前に、風邪を引いてしまった。
胃腸炎を伴う流行の症状。
胃がこわばり食欲全く無し。
熱は7度5分あたりから8度5分を行ったり来たり。
固形物であれ水物であれ、胃に送り込むと途端にキュルキュルと悲鳴を上げる。
こんなときには最低限の水分を摂り、食べない方が体には良い。
水曜日から土曜日まで4日間、よれよれになりながら何とか乗り切った。
体重減少4キロ。
眼の下には真っ黒な隈がなかなか消えない。
こんな無理は、とうに効かない年齢になっていることは十分承知の上。
よほどの事情が無い限り、定休日以外に休みを頂くことが度重なるようになったら、
それは商売の終いの合図であると言い聞かせている。
『蕎麦日記』を書き始めてから5年。
どんなに忙しくとも、週1回の更新を欠かさなかったが、
この度は、書く気力が湧かず1回抜けてしまった。
残念至極。
しばらく振りに『食べログ』を覗いて見ると、嬉しい『口コミ』が寄せられていた。
3月中旬に来られたお客様だと思うが、
電話での道案内を含めた接客と、せいろの汁を褒めていただいた。
正に当店が目指しているものに沿ったコメント。
手を抜かず、きちっと仕事をしていればお客様は評価してくれる。
勇気100倍。
ところで、この間から東横線の渋谷駅撤退やら下北沢の小田急線地下化で、
最終電車を見送ろうとする人達で大混乱が起きている様。
そんな報道を見るにつけ、40年前の名寄線の廃止を思い出す。
国鉄分割民営化に伴い紋別から鉄路が消えた。
車という移動手段を持たない年寄り達が、
諦めと絶望と不安の涙を流しながら、
最後の気動車の後姿に向かい振っていた日の丸の小旗。
ふたつの風景を重ねながら、『なんだかなー』とつぶやく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なにやら
いやーな予感はしていたのですが、未更新の理由はそーゆー事でしたか。 若輩者がなんですが、もそっとゆるりとお過ごしいただいてもよろしいかと思われます。

蕎麦日記も5年ですか。
あたくしも「こりゃぁ毎回コメントしたろ」と思ってましたが、3-4回で断念したような気がします。  

 んで 名寄線
学生時代、札幌駅から名寄まで。 そんな気は全くなかったのにやってしまったキセルを思い出しました。 こってり寝込んでいたボクを可哀想に思ったのか、乗車券の確認をパスしてくれた車掌さん ありがとー

   時効でよろぴこ

だて 2013/03/25(Mon)23:27:48 編集
ゆるりと過ごす
ことができる性分ならば、
蕎麦屋何ぞはやってまへん。
体力の衰えは、そんな心根を変えてくれるかと思っていたが、ますます頑なになるような気が。
ご心配、ご忠告感謝です。
親友が医者やってるんで少しマメに会おうっと。
にの字 2013/03/26(Tue)03:24:39 編集
やられましたか…
おや…?と思いました。体調が悪くなければいいけど…と心配していたのですが、当たりましたね。

私も2回もかかってしまいましたから、ちょっとしたスキをみてウィルスは悪さをします。

一度体調を崩すと、しばらくかかりますよ。お大事に…!

しじみのカアサン 2013/03/29(Fri)13:58:23 編集
もう大丈夫
完治しました。
4日間、アルコールも飲めなかったので、
首の張りやら肩こりやらがすっかり取れてしまいました。
とは言え歳は歳。
いろいろ考えなさいね、というお告げかもしれません。
にの字 2013/03/31(Sun)02:41:58 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]