忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247
3月2日の吹雪は凄かった。
朝は風も無く青空が広がって、絶好の行楽日和。
天気予報が外れてくれればと願いながら開店の準備をする。
10時を廻った頃、窓の外を見ると、さっきまで春の日差しに輝いていた沙留の街並みが見えなくなっている。、
おやっと思う間も無く、渚滑の辺りも一瞬で白く煙ってしまう。
台風のような低気圧の襲来である。
そんな天気の中、15名のお客様御来店。感謝感謝。
2時近くになるとますます風が荒れ狂い、視界30センチの状況に突入した。
パートさんを帰し2時半で閉店する。
都会の方には想像すら出来ないだろうが、
視界30センチというのは、いわゆる『ホワイトアウト』である。
前後左右、さらには天地までもが分からなくなる。
この天候の急変で、近隣でも多くの方が亡くなった。
とりわけ心が痛むのは湧別の父と娘。
雪山に突っ込んだ車を捨てて、近くの農業倉庫の軒先に避難。
50代の漁師の父親は、小学生の娘に自分が着ていたものを被せ、
下着一枚になり娘を抱きかかえて吹き溜まりに埋まった。
発見された際、女の子は奇跡的に無事。
父親は抱きかかえたまんま亡くなっていたそう。
年のせいか、こういう話は涙が出て止まらない。
子供を虐待したり、挙句の果てには殺したりという報道が珍しくなくなったご時世。
人の心の在り様は抗うことの出来ない大自然の中で、
鍛えられ、磨かれて、自己犠牲という神の愛の領域に昇華する。
そんな事をしみじみと考えさせられました。
ご冥福を祈ります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自然の恐ろしさ
酷い吹雪でしたね。こちらは風は強かったけれど雪が少なくて助かりました。
大勢の方が猛吹雪の為に亡くなり、胸がいたみます。中標津と湧別の親子さん達の記事には、涙がこみ上げてきます。心からご冥福を祈ります。

こういう猛吹雪を実際におエライ方々に体験させてやりたい!と、つくづく思います。猛吹雪、氷点下20℃以下の世界、一晩に何メートルも積もる雪、それでも暮らしていかなければならない人達の事を、真剣に考えて欲しいです。
値上がりする一方の高い灯油を使わなければ凍死してしまいます。いつまでも続く寒さに何を節約していけば良いのか…悩みがつきない日々です。
しじみのカアサン 2013/03/05(Tue)09:02:56 編集
最大瞬間風速は
30m以上はあったと思います。
一間半の居間の窓が大きくたわむのを見て、
よく割れないもんだと感心。
月曜と火曜の陽気で、積もった雪も大分融けました。
もう少し頑張りましょう!!
にの字 2013/03/06(Wed)03:12:52 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]