忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

休みの日の楽しみは映画館。
シルバー割引になるのでチケットは1000円丁度也。
昼食代と併せても2000円未満のささやかな息抜きである。
ビデオやDVDでは観ない。
『蕎麦好き』だけど家で作ってまで食べない、いわゆる『蕎麦屋好き』と同じである。
洋画が好きなのだが、自分のように原音が聞きたい字幕派は最近隅に追いやられている。
3Dが全盛のご時勢、字幕の2Dの上映時間は朝早くか最終回。
北見までの運転を考えると、どちらもちと辛い。
6,7歳の頃から叔母に連れられて映画を見に行った。
今考えると、結婚前の医学生だった叔父とのデートの安全牌。
世界初のシネマスコープ方式で撮影されたことで有名な『聖衣』もおかげで観ている。
小学時代を過ごした旭川の神居小学校は、不定期で映画鑑賞の授業があった。
学校の体育館などで観るのではない。
神居から繁華街の映画館まで5,6キロの道のりを歩くのである。
主に観たのはデイズニーの作品だったような記憶がある。
『砂漠は生きている』という有名なデイズニー初のドキュメンタリー映画も観ていて、
シルクロードに憧れを抱くきっかけにもなった。
当時の映画はフィルム。
道内に配給されるフィルムが、傷んでいたのかもしれないが上映中にたびたび切れた。
カラカラと映写機が空回りする音が聞こえ、
『あぁ~』とか『またかよ!』とかの野次が飛び交う中、
明かりが付いた映写室で、汗を掻きながらフイルムを繋ぐ技師の姿が見える。
映画『三丁目の夕日』に描かれた昭和のよき時代の風景そのものだった。
あの映画の背景は東京オリンピック。
戦後の復興を成し遂げた国民総意のイベントだった。
地方も東京も、みんな一様に国際社会に肩を並べた喜びを共有できた。
さて、2020年のオリンピック開催が決定した。
喜び浮かれている映像を見ながら、ちょっと待てよと思う。
アベノミクスとやらで潤っているのは大企業のみ。
一般の人々や零細企業は、円安によるいろんなものの値上げに悲鳴を上げている。
ましてや福島の人達の苦しみは何をかいわんやである。
プレゼンテーションでの安部首相の『東京は安全』発言が話題を呼んでいるが、
東京だけ安全であればよいのかとの批判は当然。
オリンピックの準備と同時に被災地の救済が進むように願う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]