忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱サラ系の蕎麦屋が失敗するケース。
蕎麦打ちは得意だが料理はイマイチで、
汁作りから始まって、打ち場の作業以外を奥さんに任せてしまうという、
味音痴の蕎麦屋が意外と多いのです。
『せいろ』と『かけ』だけで勝負するのは蕎麦屋の理想。
そんな商売は地方では成り立たない。
定番の種物をきっちりと完成させ、
他店には無い独自の味を打ち出すことが肝要。
『味』にはうるさいほうだったが、30年ほど前までは包丁なんぞ握りもしなかった。
離婚して1年ほど経った時、3人の子供たちが週末に泊りがけで遊びに来てくれるようになった。
困ったのが弁当。
長男がサッカー少年団に入っていたため日曜日には遠征がある。
一番最初に作ったのが怖いもの知らずのスコッチエッグ。
野球のボールみたいにでっかくなってしまったものがおかずで、
スクランブルエッグにマヨネーズを和えたサンドイッチを持たせた。
『にの字』の料理の原点。
後はテレビの料理番組と本が教科書。
そういう時間の中で蕎麦を打ち始めたのが15,6年前。
料理に目覚めたオッサンが蕎麦屋を始めちゃったというわけです。
人様に美味しいものをつくるは手間暇を厭わないが、
自分の腹を満たすために何かを作るということは絶対にしない。
理由は後片付けがめんどうだから。
そんな事をするぐらいだったら餓死するほうがマシと思うタイプ。
料理とは果てしなく出てくる洗い物を片付けること。
だから自分は料理好きではない。
10月の声を聞くと日本酒が美味しくなる。
あまり料理が好きでない店主が丹精込めた料理と、
厳選した日本酒が味わえる『にの字御膳』。
2日前までのご予約お待ちしています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]