忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人様に蕎麦を食べてもらって、お銭を頂戴し暮らしている。
だが自分がモノを食べるという行為には、
常に気恥ずかしい様な思いが付きまとうのは何故だろう。
戦後直ぐの昭和21年の生まれ。
何もかにも不足している時代だった。
もちろん給食などあるわけが無く、学校は弁当持参。
父親が農協の職員をしていたせいか、
二品か三品のおかずの付いた白米の弁当を持っていくことが出来た。
小学中学は40数名のクラス。
朝鮮人の開拓部落の子供たちも含め、
貧し過ぎて弁当を持ってこれないものが1割。
おかずは漬物だけか、ただ味噌汁の具を乗っけたようなものが3割。
みんなアルミの蓋で弁当を隠し、会話も無くひたすら黙々と食っていた。
食べ終わると、腹が減っているのに体育館で走り回っている弁当無し組に合流する。
そんな体験が食べるということの後ろめたさに、少しは影響しているのかもしれない。
辺見庸著『もの食うひとびと』。
アフリカやアジアの戦火の止まない、あるいは貧困のるつぼに喘ぐ中、
極度の栄養失調で食べることが出来ず数日中に死に行く幼児を抱きながら、
国連配給のミルク粥を口に運ぶエイズの母親。
軍幹部の食糧横流しのため満足な食事を与えられず、
病気除隊になるために石鹸を食べる極東ロシアや北朝鮮の痩せ細った兵士達などのルポターュ。
『食事』はひとつの快楽であることには間違いない。
だが『食べる』という行為の裏側には『食べれない』という事実が存在することを忘れることは出来ない。
蕎麦を茹でるときに出る切れつ端を捨てられず、
お腹の中に入れてしまうのはそんな気持ちの表れでしょうかね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あああ、じいた・・・いえいえにの字様。
先日は突然2年ぶりの再会を果たしちゃいました、急にお邪魔しちゃってすみません。お忙しい時間帯にお声かけしちゃったら、驚かれてにの字様が膝でもついたらどうしようと思いつつも、黙っていられませんでした、笑。とうとう限定キザミ鴨せーろ様を目の当たりにし、お腹いっぱい頂けて幸せでした。胃袋がもうひとつあったらもっと食べれるのに、って思う、そんな思いを抱く斬新且つマイルドで幸せな鴨セイロですね☆誠に美味。「仏のミルク」様も最高☆ああ、幸せ。暫くの英気を養わせていただきました。有難う御座いました。
お身体、御大切に、です!
うめ&おねぇ 2012/09/14(Fri)23:12:15 編集
両膝ついちゃいました!!
大体年食ってくるとびっくりすることが少なくなります。
まして、嬉しくてびっくりなんぞは滅多にあることではござりませぬ。
先日は御来店本当にありがとうございました!うめ&おねぇ様。
秋刀魚の刺身をあてに、さっきまで頂いたお酒を堪能していました。
美酒!!
ニホン男子ここに極まれりといったとこです。
またお会いできる日を楽しみに!
ゆっくり一杯やりましょう。
にの字 2012/09/15(Sat)02:05:49 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]