忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217
29日の日曜日で7月の営業が終わった。
1日平均のお客様の数、27名様。
相変わらずの忙しさが続いている。
売り切れ仕舞いにしないで追い打ちをかければ、もっと数は伸びる筈。
だが蕎麦屋の仕事は、営業中の札を出してからが3割。
7割方は開店前の蕎麦打ち、そして閉店後や休日の仕込みの作業などが占める。
朝は休みの日も3時半には目を覚ます。
4時には店に出て蕎麦を打ち始める毎日。
8時間労働というのは人間の心と体の生理にかなった制度だと思う。
朝から数えて8時間目あたりの2時過ぎになると体が悲鳴を上げ出す。
前屈みでの姿勢が多いせいか背中が痛くなる。
体の痛みは何とか我慢できても、頭の疲れはどうしようもない。
注文伝票の品書きが一目で憶えられなくなったら限界のしるし。
さっさとやめちまって休むが勝ちである。
待ち遠しいのは定休日の月曜日。
火曜の休日は仕込みの作業があるが、月曜は何も無いことにしている。
4時起きはいつものとおり、突き出しの揚げ蕎麦を作ってしまうと仕事は終了。
多少天気が悪くてもオープンにした車で出かける。
大好きなコースが鴻の舞を通って遠軽へ抜ける道道。
シフトをマニュアルに切り替え、コーナーを攻める。
1週間分の疲れが風と一緒に後ろに吹っ飛んでいく。
今日はそのまんま、温根湯の『手打ち蕎麦すずき』さんまで足を伸ばす。
『一茶庵』で修行された店主。
7月の初旬、訪問をいただいたのだが生憎の売り切れ。
今回はそのお詫びも兼ねたつもりである。
時分どきを外したのだが他のお客様が居たため、
少ししか話が出来なかったが得るところ多し。
その後は北見のマイカルでバットマンの新作を観た。
いろんな意味でのアメリカ人の馬鹿さ加減がよく分かる。
バットマンが乗り回す垂直離発着機が、問題になっているオスプレイと重なってしまう。
あんな物騒なものはコミックの世界だけにしておきなさい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
寝不足
商売繁盛、何よりです。この暑さもあと何日かの辛抱でしょう。(函館は連日30℃前後が続いてます)
エアコンもない我が家、窓を少しだけ開けて寝るのだけど、暑くて眠るどころじゃないのです。
ついオリンピックの中継を観てしまいます。
寝不足が続いています(笑)。

昨日から函館も「港まつり」昨夜は花火大会、そして今日は夕方から「ワッショイはこだて」のパレードが十字街~松風町コースで開催です。
孫も学校の仲間で「イカおどり」に参加します。
一緒には歩けないので、集合場所へ連れて行き、解散場所で待っています。約2時間?だそうです。
予想最高気温は、30℃!頑張ってきます。
しじみのカアサン 2012/08/02(Thu)09:20:39 編集
北海道は広い!!
30度の函館と13度の紋別。
夕方からはもっと下がったのでストーブを付けた家もあったかもしれません。
あちこちで風邪引きさん発生中です。
にの字 2012/08/03(Fri)03:11:06 編集
終わった…?
北国の短い夏は終わったのでしょうか?それにしても早すぎ! そちらは低温注意報が出ていますね。せめてお盆の頃までは夏らしくあってほしいものです。
函館は蒸し暑かったです。今日は港まつりの最終日でした。孫のパレード初参加、疲れきって足が痛い!しか言わなかったのに、翌日の昼には回復、午後から児童館で遊び、夜は町内の踊り場へ…子どもの回復力には敵いません。今夜もじいちゃんと出かけてきました。元気パワーを分けてほしいこの頃です。
しじみのカアサン 2012/08/06(Mon)00:16:15 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]