忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日久し振りに師匠が登場した。
『最近の蕎麦、ちぃーと歯ぬかりしとらんかぁ~』。
言われる前に気になっていました。
当店が目指す江戸前蕎麦の本流。
くちゃくちゃ噛まなければ呑みこめない蕎麦ではなく、
噛まなくてもいい蕎麦。
一気呵成に手繰れる蕎麦が一番旨い。
噛んで食べる田舎蕎麦を否定するわけではありません。
それはそれで美味しいと思うのですが、自分の好みではない。
『あらよっ!』とお出しして、『あいよっ!』と3分程で食べていただける最適の蕎麦。
噛んで発生する蕎麦の香りではなく、
喉元を過ぎる辺りで『おっ!』と感じられる細めの蕎麦。
そんな蕎麦を食べていただきたくて3年間やってきました。
ところが繋がりを重視するあまり、
棒練をはじめとする練りが過ぎているんじゃないかと。
練が過ぎると粘りが出る。
同じ細さでも打ち方によって歯ぬかりがします。
サクサクと歯に当たり、
少々歯を押し返す腰の強さが理想です。
打ち方を変えてみました。
今んとこ師匠は何にも言ってくれません。
しばらくこのやり方でお出ししていきます。
どんなご意見、ご感想でも言っていただければ助かります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
奥が深い
連日の雪に、1人で雪かきをする夫は流石に
バテ気味です。
手伝いは孫だけだったのですが、今日から
3学期が始まりました。
ヤレヤレ…という感じでネコ達も茶の間に
出て来ました。
孫は朝からハイテンションなので、それが
ネコ達は嫌なみたいです。
余程お腹が空いた時やトイレの時にしか出
て来なかったのが、孫が学校へ行った途端
出て来ます。

それにしても、蕎麦打ちは奥が深いもの
ですね。
毎日、毎日が勉強なんでしょうか。
寒さに負けずに精出してください。
しじみのカアサン 2011/01/19(Wed)08:37:52 編集
大雪お見舞い申し上げます
しじみのカアサンご一家様。
紋別は普通よりもやや多いものの、
雪かきに苦労するほどではありません。
それでも雪かきの朝は3時半か4時には蕎麦を打ち始めなければ間に合いません。
もう少しの辛抱です。
頑張りましょう!!
にの字 2011/01/20(Thu)00:13:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]