忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142
2月最後の週末、26日、27日。
金曜日の道新夕刊に当店の記事が載ったことで、
相当な混雑が予想されましたが、そうでもなかったです。
まずまずのいり込みのなかで、目立ったのは北見からのお客様。
さすが北海道新聞の威力か。
記事の中に書かれていた『ごぼう天』、『にしん蕎麦』、
『牛丼定食』の注文が相次ぎました。
改めて感じた事は、想定する商売の範囲を広げねばならないこと。
決して市内のお客様を軽んじる訳ではないが、
2万そこそこの人口の町。
どんなに頑張っても頭打ちがある。
『ヒマ』と『大忙し』の平均化を図るには人の数が足りないのです。
だとすればその隙間を埋めるには、視点を広げ考えなければならない。
北見網走管内においては『食べログ』さんのお陰もあって、
まずまずの知名度を得ることが出来ました。
残るは道内全域。
地方発送も含め、幅広い視野で考えていきたいと思ってます。
でも何はともあれ、一番『ホッ』とするのは馴染みのお客様が見えられた時です。
いつもの蕎麦をいつものようにお出しして、
お酒を召し上がるお客様には、ありあわせの物でつまみを作る。
そんなひと時が大好きです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
人口減
新聞効果あり!で良かったこと。一時的じゃなくて長~く続いて欲しいものですね。
人口減は、どこも同じでしょう。家の町内での小学校新1年生は、たった1人だそうです。
昔は漁師町でしたが、今は高齢者が多くなり益々淋しくなってます。
昔のように、そこかしこから子ども達の声が聞こえるような町にならなきゃいけないでしょう!
子ども手当をバラまくだけじゃ何もならないと思います。
与党も野党も、もっときちんと政治をやってほしい!国民の願いは、ただ一つだと思います。
しじみのカアサン 2011/03/05(Sat)14:48:38 編集
その通り!!
しじみのカアサン様の意見に激しく賛同。
2,3日前、孫の同級生の父親が自殺しました。
事業に行き詰まったのこと。
全国的にそうなのかもしれませんが、
ここ紋別はそんな人生の結末を選ぶ人達が悲しくなるほど多い。
人一倍豊かな生活など、誰も望んではいない。
こつこつ努力した結果がまっとうに報われ、
明日に希望が持てる世の中。
そんな時代にならなければ、街々に子供の笑い声なんぞは戻ってこないと思うのです。
春先、ようやく出てきた馬糞交じりの地面、
5寸釘を投げての陣取り。
女子はゴム飛び。
暗くなるまで遊んでいると、
あちこちから鰊の焼ける匂いがしてきて、
『ごはんだよ~』という母親の声が飛び交う。
みんな貧しかったけど、みんな優しかった。
今の政治の誤りを指摘できるのは自分達の時代。
もっと声を大きく出していかなければと思う。



にの字 2011/03/06(Sun)03:17:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]