忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238
両手の指の不調を何とかなだめすかし、年越し蕎麦を打ち終えた。
やれやれという思いはあるが、240食やったねという様な喜びは無い。
毎年のことながら、お渡しした蕎麦の行く末が心配でどうしようもない。
出来るだけ大きな鍋で少しづつ茹でてくださいねと,
お願いしても、現実は無理な相談。
蕎麦は茹で上げ、器に盛って一人前の商品。
半完製品にお代を頂きながら、後は好きにしてねというのは無責任の極み。
少ない水で茹でられて団子になった蕎麦や、
掻き回し過ぎて切れ切れになった蕎麦が目に浮かぶ。
そんな蕎麦を食うぐらいなら、日清どん兵衛の後のせさくさくの方がよほど美味い。
てなわけで、年越し蕎麦の販売は止める方向で考え中です。
その代わりに、31日は深夜の0時頃まで『かけ』と『せいろ』のみで営業。
種物は『海老天』だけなんていうやり方を考えてます。
まっ、いうなれば昔の東京の蕎麦屋の大晦日です。
お持ち帰りの年越し蕎麦の販売は、蕎麦屋にとっては掻き入れ時。
だが、にの字の蕎麦は採算度返しで店で味わっていただきたい。
つくづく儲け下手な性格だと思う。
もとより食べていければいいと始めたこの商売。
余計な儲けを考え始めると、この店の基本姿勢が揺らいでしまう。
30日の営業最終日。
もう閉めようかなと思った時間、市内で美味いイタリアンを食べさせてくれる『クアトロ』のご夫妻がいらしてくれた。
残り少ない蕎麦は太いのが混ざってしまう。
『いやーっ、太くてごめんなさいね!』と声をかけると、
『僕はこっちの方が断然好みです!』
麺とソースの絡み具合が勝負のプロがそう言う。
考えちまう。
切りべら23本の細切り江戸前蕎麦を目指してやってきたが、
安定経営を目論むならば太目の蕎麦も眼中に入れなければならないか。
いずれにしても、いろいろと変革が必要な年になりそうです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おつかれさま
新しい年が明けましたね。12月中頃から滅多に風邪を引かないジイチャンが風邪?おまけに不整脈のおまけ付き!5日ほどすると孫が高熱を出してダウン。丁度クリスマスイブで病院も休み。翌日行った小児科での検査は「溶連菌感染症」との事。
ジイチャンの熱と喉の痛みも「溶連菌」の仕業だったよう。孫の方は体や口の中にも発疹が出て食べられない状態でした。
やっと、年末から少しずつ回復しましたが…
何とか新年を迎えました。今年もよろしくお願いします。
しじみのカアサン 2013/01/02(Wed)15:57:01 編集
おめでとうございます
大変な年末でしたね。
お互い健康に気をつけて、良い年にしましょう。
にの字 2013/01/03(Thu)07:25:30 編集
今年も宜しくお願いします。
にの字の蕎麦で新年を迎えました。こちらの蕎麦には感謝しています。なんてったってみんなこの瞬間だけは老若男女思いやりを持ち仲良くニコニコ「うんまいっ!」と家族が一塊になるんですよね。〆も明けも仲良く全員揃って迎えれるのはいつまでのことでしょうか。大きな大きな鍋でちゃんと美味しく茹でています。とろみのある汁粉のような仏のミルクも勿論!即完売です。感謝感謝雨あられで御座います。家族みんなで迎えれて良かったです。
うめ&おねぇ 2013/01/08(Tue)22:20:47 編集
こちらこそ
よろしくお願いします!うめ&おねぇ様。
蕎麦で家族が繋がる、なんてぇのは蕎麦冥利に尽きますな。
美味しく茹でていただいて感謝です。
鍋の前で奮闘しているともちゃんの姿が目に浮かびます。
にの字 2013/01/09(Wed)01:15:22 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
[09/14 近所の住人]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]