忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375
先週の定休日、久しぶりに映画を見に行った。
ど派手な実写アクションが売りの「ミッションインポッシブル」。
のめり込むほどのトム様のフアンではないので、
そんなに無理しないでCGでやっちゃえばいいのにと思ってしまう。
ま、それなりに楽しめましたけどね。
帰り道、ラーメンを食べようと思い、三輪にある「N」に行くと中休。
頭の中はすっかりラーメンモードなのであちこちうろつき回り、
結局は端野の近くの「A」にたどり着く。
以前一度食べたのだがどんな味だったのか記憶になかった。
3時近くの店内は先客が4名ほど。
カウンターに座り「金ゴマなんだか」を注文。
「はい!おまち!」と出てきたラーメンは旨くも無く不味くも無い。
ただ決定的な欠点はスープがぬるい。
この頃しょっちゅう喉つまりを起こすので、
普通の人の半分ぐらいの量を一口にして食べていると、
不味くて箸が進まないのかと思ったのか、店主がこちらをチラチラ見ている。
帰りの会計の時、「美味しかったよ、ごちそうさん」と言うとホッとしたような顔。
スープほとんど残してそれはないでしょと突っ込まれそうですな。
背脂ギトギト系ではない豚骨ラーメンにヌルめが多いような気がする。
蕎麦にしてもラーメンにしても熱いものは熱々で出さなければならぬ。
さて今回の休み、不足してきた食器が出てきたのでニトリで探す。
それにしても今のパートの二人、何ともまあよく壊してくれる。
蕎麦猪口、徳利、薬味皿の三点ものなど、
一点欠けると使い物にならなくなるものをなぜか集中的に落として割る。
開店の時に買い揃えた割と高価なものばかり。
罰金制度なんかもなんだかなと思うので涙を呑むしかない。
ニトリはちょうど商品の入れ替え時期なのか、
思っていたものが見つからず何も買わずに出てしまう。
時刻は2時。
この前食べれなかった「N」の塩ラーメンを食べに行く。
中休みに入る近い時間なのに、26人で満席の店内はほぼ埋まっている。
それを厨房一人、ホール係一人の二人体制。
そのぐらいの人数でこなさなければ客単価の低い商売はやっていけない。
僅か12席の当店。
3回転以上回さなければならない日曜日などは、三人体制でもアップアップしている。
席数が少ない故のハンデイもあると思うが、まだまだ甘々の部分があるのだろう。
ここは旭川の「山頭火」の系列。
塩ラーメンがお勧めである。
ストレートに近い細めの麺とニ種類のチャーシュー、
あっさりこってりの豚骨スープが絶妙に絡む。
麺は汁と一緒に食べるもの、バランスが大事と認識させられる。
「山頭火」をはじめ、有名ラーメン店が続々と海外に進出している。
中華料理の一つとしてではなく、
日本の味として受け入れられているようだ。
いろいろなものを加えて作るスープが、「足し算」の料理に慣らされた舌に合うのだろう。
蕎麦は「引き算」の味わいを追求するもの。
「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されて国際的に知られるようになったが、
「せいろ」や「かけ」の余分なものをとっぱらった簡潔な旨さを、
ましてや啜るという食習慣のない外国の人達に分かるとは思えない。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]