忍者ブログ
http://www5.plala.or.jp/soba-ninoji/
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当店が目指しているのは江戸下町風の蕎麦です。
少しのつなぎの入った細めの蕎麦を、
辛口のつゆにちょいとつけて、一気に手繰って食べていただきたい蕎麦です。
太い田舎蕎麦をもぐもぐと噛んで食べるのは、どうにも自分自身が性に合わない。
小腹が空いたときに、小体で小粋な蕎麦屋で、小股の切れ上がった姉御さんと差し向かいで、
小一時間ほどくつろぎの時間を過ごす、そんな場面をご提供出来るような店が理想。
江戸の昔から、なんとなく小さい方が大きい方より尊ばれて来ました。
やたらでっかく目立つより、少しだけ、ちょっぴり、ほんの少々の方が全体の中で際立つ、
そんな美意識を、お江戸の庶民は持ち合わせていたんでしょうな~。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
『にの字』は席数から言うと小体な店そのものです。
僅か12名で満席の店。
週末の時分どきには入りきれないお客様もいらっしゃり、
特に遠方から来られた方には本当に申し訳ない状態が続いています。
どうか少し時間帯をずらして来て頂けたらと願っております。
ところで、『小股の切れ上がったいい女』の小股とは体のどの部分か分りますか?
これが足首のアキレス腱の辺りを指すそうなんです。
なるほど、着物の裾からチラッと見える細い足首は今も昔も変わらずに、
いい女の必須条件ですな。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど
勉強になりました
小股の位置を勘違いしておりました。
う~ん~・・・・
kawa 2010/08/25(Wed)23:10:13 編集
kawa様の
考える小股の位置もまんざら間違いではないのですよ。
相撲の決まり手で『小股掬い』ってやつがあるじゃないですか!
でも足首の綺麗な細さを、そのように表現したお江戸の庶民のエスプリに脱帽です。
にの字 2010/08/26(Thu)01:39:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/08 JUNJUN]
[03/11 replica cartier santos review]
[01/16 NONAME]
[01/09 Kawa]
[09/14 だて]
最新TB
プロフィール
HN:
にの字
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
Copyright © 蕎麦日記 All Rights Reserved.
Designed by north sound
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]